マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

グリコ乳業株式会社 Special プッチンプリンⅡ

久しぶりにプッチンプリンを買おう
と思ってコンビニに行ったら
こんなものがありました~
DSC06803.jpg
ん?

よく見てみましょう。

ゴゴゴゴゴ…!

DSC06804.jpg
なん…だと?

“Special”はいいけど
“Ⅱ”とは…。
ネーミングにやられました(´・ω・`)

今後はプッチンプリンRとか
プッチンプリンEXとか
でるんでしょうか。

そんなことはともかく
食べてみましょう~


う~ん!
異様にクリーミー。
はたしてつつがなくプッチンできるのかと
不安になるほどトロトロです。

これはもうプッチンプリンじゃあありません(良い意味で)
バニラビーンズも目視できます。

コク・クリーミーさ・バニラの風味
どれをとってもあのプッチンプリンではありません。

ということでネーミングは
プッチンプリン“Ⅱ”で正解です。


ンまぁーい





  1. 2012/09/30(日) 22:46:52|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェットストリーム4&1の弱点発見…!

ということでこちらをご覧下さい~

ズギュゥゥーン!(効果音)
DSC06795.jpg

そうです…
首軸とネジで接合する部分の胴軸が割れてます。

実はこの画像はピュアモルトの首軸に
ノーマルの黒い胴軸をつけたものです。

なんでそんなことをしているのかと言うと、
先にピュアモルト軸が同じように割れてしまい
折角の首軸がもったいないので
ノーマル黒の胴軸につなげて使っていたからです。

けど程なくして今度はノーマル黒の胴軸も割れてしまいました(´・ω・`)

ピュアモルト軸は鞄の中でいつの間にか
割れてました。。 ショックだったなぁ…(遠い目)

ノーマル黒はリフィル交換して
普通に締めたときに
急にスカッと節度ゼロになったので
確認したら割れてました。

これまでに何度かリフィル交換で
つけはずしはしてたけども…。


こっちもシロウトじゃあありません。 ←イヤ、シロウトです。
このテの軸をオーバートルクで締めるなんて
ありえないわけです。。

ということで
ズバリ4&1の弱点は胴軸です。
耐久性が低いのかなぁ。
金属の首軸は最高なんだけど…。

で、何が言いたいのかというと
フルメタルバージョンを出してください
ということです。 これで解決!

ジェットストリーム4&1のフルメタル軸―

想像しただけで痺れます。 ←病気

uni様、何卒おねげーします。


DSC05848.jpg



  1. 2012/09/29(土) 00:01:59|
  2. 筆記具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常念岳 つづき

乗越直前~。
DSC06673.jpg
向こう側には槍・穂が見えるはず…。

出た~。 常念小屋の向こうに山の塊があります。
DSC06675.jpg
雲で槍が見えないけど、満足です。
ここで正直9割程の達成感です。。

けど左をみるとコレが…(´・ω・`)
ゴゴゴゴゴ…! と立ちはだかっています。
DSC06697.jpg
う~ん。でかい…。
乗越の標高が2450mだから
山頂までまだ400m程の高低差があります。

でも折角ここまで来たので登り始めます~ ←当たり前すぎる決断…
途中で乗越を見下ろすとこんな感じ。
DSC06713.jpg
それにしても、誰かが積んだんじゃないかと訝る程の岩岩です。

雲が晴れて槍ヶ岳がはっきりと見えるようになりました。
DSC06740.jpg
雲の動きが滅茶苦茶速いです。

手前のピークを登りきると本ピークが見えてきます。 まだまだ遠いなぁ。
DSC06744.jpg
手前が山頂だと思って登っていたら確実にここで事切れます。

山頂手前。三股からの稜線が見えます。
DSC06747.jpg
こわっ。一の沢からにして正解です。 雲がなければいいんでしょうけど。

そして標高2857mの山頂到着~。
DSC06750.jpg
am11:45です。駐車場からなんと7時間!。 遅いなぁ(´・ω・`)

その先にはいわゆる表銀座の稜線が…。
DSC06751.jpg
う~ん。シブイ…。

北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳方面。
DSC06753.jpg
梓川も見えます。

槍ヶ岳・大喰岳・中岳・南岳・大キレット。
DSC06754.jpg
北鎌尾根のギザギザも見えてます。 恐ろしい…。

山頂は狭く、多方面から続々と登ってくるので
早々に退散しました。
乗越まで下りて小屋前のテーブルで昼食をとり
pm2:00下山開始~

乗越から安曇野市街がよく見えます。
DSC06773.jpg
あの近くまで下りなければならないという現実を突きつけられます。


そして下山は想像以上のイバラの道でした。
もういつまでたっても着かないの。
標高差よりも距離が縮まらない感じ。

3度ほど発狂しそうになったし
こんなに足裏と指が痛くなったのも初めてでした。

単に実力不足なんですが
いや~しんどかった。。

pm5:25 登山口に到着~
DSC06777.jpg
なんとか暗くなる前に帰ってこられました。

帰りの車では
疲れすぎて逆に眠くならないという
新境地を開拓してしまいました。

あまりにズタボロになったので
常念はもう来なくていいかな~
なんて思っていましたが
数日するともう懐かしく感じたりしています。 ←中毒

自分の限界と課題もわかったので
なかなか有意義な登山でした。

いや~ 山って本当に良いもんですねぇ。 ←だれ?

10年早



  1. 2012/09/26(水) 01:03:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

常念岳

行ってきました~

一の沢登山口からの日帰りピストンです。
長野自動車道を豊科ICでおりて
登山口そばの駐車場までは30分くらいでした。

暗いうちに駐車場に到着して
am4:30頃から行動開始~
DSC06610.jpg

林道をテクテクと20分くらい歩いて登山口につきました。
DSC06612.jpg
トイレがあります。

日が差してきました。
DSC06632.jpg
濡れるほどじゃないけど、道の上に水が流れている箇所か結構あります。

さる発見!
DSC06634.jpg
よくみたら沢沿いをかなりの数の群れが歩いていて戦慄しました(´・ω・`)コワイヨ~

道は基本的にこのようなゴロゴロ石がある感じ。
DSC06636.jpg
地味に疲れます。

沢をつめるので何度か丸太橋を渡ります。
DSC06645.jpg

なんとなく沢の終点が見えてきました。
DSC06650.jpg
この時点でam7:50です。 
3時間経ってまだこんな感じなことに軽く戦慄しました(2回目)

MUNATUKIに到着~。
DSC06654.jpg
標高も2000m越えました。ここから沢をまく感じの登りになります。

一度ガーっと登ってからまた沢沿いに。
DSC06661.jpg
う~ん。なかなかシブイ道ですねぇ。

沢を渡るとLASTWATERです。
DSC06664.jpg
ここからは沢を離れます。

この先、3つのベンチを通過すると
こんなものが見えてきます~。
DSC06667.jpg
ゴクリ…。

常念岳ですねぇ。
DSC06670.jpg
右側の鞍部が常念乗越です。

この時点でam9:30。駐車場から5時間経過です。
ようやく目標補足したわけですが
すでに結構ヘロヘロになりました。。

そして
これからあの岩岩の斜面を登ることを考えて正直ゾッとしました。 ←オイオイ…

To Be Continued...

  1. 2012/09/24(月) 18:16:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

PaaGo WORKS SMART WALLET

パーゴワークスのスマートワレットです~
かっちった~

DSC06595.jpg

“週末仕様のスマートな財布”がコンセプトということで
山に行くときなどに普段使っているごつい財布を
持っていくのはいかがなものかと思っている諸兄を狙い撃ちです。

色はグレーとライトオリーブの2色展開。
緑好きなので迷わずライトオリーブを選択。

と言いたい所ですが
グレーの方ではオレンジと紫をアクセントに使用していて
それが看過できないカッコ良さで
かなり迷った末のライトオリーブ選択でした。

ベリッとフラップを開けると思いのほか大き目のベルクロが出現。
DSC06596.jpg
内容量によって微調整がききそう。
節度は軽めで丁度いいです。

展開した図~。 とてもしなやかな素材ですねぇ。
DSC06597.jpg
鮮やかな黄緑が映えます。
因みにグレーの方もこの部分は黄緑です。

カードスロットは5つ。
上の画像で見えてる部分に4つと
紙幣入れの奥にスイカとか入れる用のスロットがあります。
DSC06787.jpg
黒いところがそれです。

PVCメッシュのコインポケット。外側にあります。
DSC06598.jpg
マチ付きです。
ジッパータブも大きくて使いやすいです。
パスファインダーに使われているのと同じモノですねぇ。

小銭を入れるとこんな感じ。
DSC06786.jpg
視認性、極メテ良好ナリ。

ということでこの財布、
手になじむサイズ感&素材感
考え抜かれた配置&色使い
等等、どこを取っても満足いきます。

必要最小限のモノを入れる
週末専用財布なのですが
普段使いしちゃってます。。

因みにお値段は2500円。
高いか安いかはアナタ次第です(´・ω・`) ←だれ?

逆に



  1. 2012/09/17(月) 21:03:41|
  2. 山道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EuroSCHIRM DAINTY

ユーロシルムの最小タイプをゲットいたしました~

これも一応トレッキングアンブレラの括りのようです。
DSC06278.jpg
ケース付きです。
裏側にはベルト等に通せるループがあります。

8色展開で、この度もシルバーコーティングを選択。
日傘としても使えます。
DSC06281.jpg
ちいさっ!
小さいけれどそこはユーロシルム、
弱い感じはしませんねぇ。

小さくても一人前…
こういうモノ、たまりません(´・ω・`) ←病気

収納時には平べったくなるので
鞄に入れてもさほど邪魔になりません。

まだまだ日差しも強いので
常時持ち歩く用にしてます。

DSC03152.jpg


  1. 2012/09/12(水) 23:55:17|
  2. 山道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム