マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

恵比寿なう じやなくて さっき

恵比寿で盆踊りをやってました。


そんな最中、さっきしっかりした雨が降ってきたので
駅構内はこんな状態に~!

DVC00032.jpg

エスカレーターで下りながら撮ったので
この後数秒でこのカオス状態の渦中に
強制的に放りこまれて死ぬかと思いました。

それにしても人多すぎ!

雨でごった返す中で大声出して喧嘩してる人とか
駐車場で雨宿りしてる子供たちが
明らかに一般人仕様じゃないベンツに寄りかかって
たりだとか。。 ←恐ろしい…

事故とか事件の一歩手前の危うい空気でした。。

DSC03210.jpg


  1. 2011/07/29(金) 20:10:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

棒の嶺

行ってきました~

棒の嶺といえばなんと言っても沢!

僕のようなヘナチョコでも気軽に沢登り気分が満喫できるとあっては
もういてもたってもいられません。

ということでアドレス君で早朝に出発です。
R20で八王子近くまで行き、R16八王子バイパス→左入町でR411に入ります。
R411で青梅まで行ったら青梅坂下の信号を右折で小曽木街道(県道53)に入ります。
黒沢二丁目の交差点を左折で成木街道(県道53)に入ります。

その後も成木8丁目信号を右方向→成木5丁目信号を左方向で
成木街道を維持します。 
下名栗まできたら有馬ダム(名栗湖)方面に左折してダムを渡り
しばらくダム沿いを進むと白谷沢の登山口があります。

そばに車が5.6台停められるスペースがあるので
隅にアドレス君を停めました。

しかし、普段カーナビに頼っているとこういうときにヤバイですねぇ。
土地勘が全く無かったので、もし暗いうちに走ってたら道迷いコースです。
便利なモノは何かを失わせますねぇ。

DSC04900.jpg
ダムを渡っている途中。 微妙に怖いです。。ダムとか嫌いです。

登山口。
DSC04903.jpg

ここから登山開始です。
因みに登山口にあった水場は涸れてました~(汗)

振り返るとこんな景色です。
DSC04902.jpg

しばらく進むと、だんだん沢の音が大きくなってきて
間もなく道が完全に沢沿いになります。

するとこんなのが出現します~!

第一ゴルジュ。
DSC04961.jpg
岩の間を抜けていきます。

通過途中に振り返るとこんな感じ~
DSC04953.jpg

こちらは第二ゴルジュを振り返って見たところ。
DSC04919.jpg

う~ん 
なかなかいいですねぇ。
途中の道も完全に沢の中とかの部分があって
かなり楽しめます。滝もあるし。

沢登り区間が終わると一度林道に出ます。
DSC04937.jpg

林道を横断した先は結構な急登になり
その後左方向に巻いて行く道になります。
ぐるりとまわり込んで
尾根まで出たらまた登り始める感じです。

途中にある岩茸石。
DSC04938.jpg
この岩を左に見て先に進みます。

尾根が県境になっています。
DSC04939.jpg
左が東京都の杉の植林で、右が埼玉県の雑木林です。
う~ん。緑が美しい…。 どっちが良いか一目瞭然です(´・ω・`)
ここにきて埼玉県の好感度急上昇です。

さらに進み、ゴンジリ峠に出ると少し下界が見えます。
DSC04943.jpg
ダム湖(名栗湖)が小さく見えます。
結構登ってきたなぁ。 ←この感覚、山登りの醍醐味ですねぇ。

この先は例によって丸太の階段祭りになりますが
明鏡止水の境地で淡々と登ります。

そして山頂につきました~。
景色の一部はこんな感じです。
DSC04947.jpg
う~ん。この辺の山、まったく知らん。
そしてやけに広い山頂でした。

下りも同じルートで帰りましたが
登りと同じ場所で写真撮りまくることうけあいです(笑)

ということで
棒の嶺、標高969mでありながらこの充実度…。
かなりのおすすめです。
写真撮りまくりながらでも二時間半位で登れますよ~

時を止めて当然


  1. 2011/07/20(水) 23:57:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

無印のアレは〇〇のアレ 2回目

ということで無印のセキュリティパンチです~

DSC05131.jpg


こ れ は …

ナカバヤシのアレですね~

アレとはこれ~
aa.jpg
ナカバヤシ株式会社 “アナーケル”です。 ←ネーミングが…(汗)


なんかホッチキスみたいですが…
DSC05129.jpg
先端の凹部と〇が並んだくぼみが
穴あけの目安になっています。

DSC05132.jpg
こんな感じに、一撃で5.5㎜の穴が7つあきます。
DM等の宛名消しに最適ですねぇ。
デザインもいいし場所もとらないしオススメです。

DSC05130.jpg
因みに形状は、ナカバヤシのものが曲線を描くデザイン
なのに対し、無印のはスクエアな感じです。 ←その分、重量が増してます。

個人的には無印バージョンの方が好みです。色的にも。

無印GJ!

DSC03260.jpg


  1. 2011/07/18(月) 19:25:58|
  2. 無印
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無印のアレは〇〇のアレ

ということで無印のハンドシュレッダーです~

DSC05133.jpg


こ れ は ・・・

ナカバヤシのアレですね~

アレとはこれ~
kk.jpg
ナカバヤシ株式会社 “クルッキル”です。 ←ネーミングが…(汗)

端っこのこの部分をひねりひねりして刃を回転させます。
DSC05134.jpg

思いのほか節度が良く、小気味良く細断できます。
DSC05136.jpg
A6サイズとのことでハガキ等の小さな書類に最適ですねぇ。
デザインもいいし場所もとらないしオススメです。

因みに横から見た形状は、ナカバヤシのものが楕円なのに対し
無印のは長円です。 ←その分、重量が増してます。

個人的には無印バージョンの方が好みです。色的にも。

無印GJ!

DSC03186.jpg


  1. 2011/07/18(月) 18:56:51|
  2. 無印
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOTTERの新色が渋過ぎな件

パーカーのジョッターは言わずと知れた筆記具の定番中の定番なんですが
定価1050円というお手ごろなわりには、今までさほど魅力を感じませんでした。

値段相応の安っぽい素材感だからなのか
純正リフィルの書き味にマッチしてないと感じるからなのか
本体よりも純正リフィルの方が高いからなのか
ノック部が結構な節度だからなのか  ←現在は若干マイルドになっています

実は今まで所有した事がありません。

しかし、今回の新色でヤラれました~

DSC05127.jpg
ホワイトネスというカラーです。

DSC05128.jpg
渋い、というか古めかしい…
画像よりも結構黄ばみがかった白で
新品なのに30年は使ってる感があります。

このシリーズ、ホワイトネスの他に
ジェイドグリーンとブロンズの3色展開です。
3色ともなかなか良くて
どの色にしようかかなり悩んでしまいました。

パーカーのサイトをみてみたら
「活気あふれる50年代を彷彿とさせるカラーリング」
とのこと。
なるほど納得の色合いです。

因みにI・Mにもスペシャルエディションが出ていて
正直こっちを見に行ったんですが (こちらも渋めでした)
ジョッターのホワイトネスにまんまとヤラれた訳です。

一味違う感じでいいですよ~

DSC02312.jpg


  1. 2011/07/14(木) 08:53:03|
  2. 筆記具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンヨー食品株式会社 サッポロ一番 みそラーメンどんぶり

DSC05124.jpg

サッポロ一番 みそラーメン といえば
そりゃあ袋めんでしょう。

というわけで、十数年前にカップめんが出たときは
軽くショックを受けました。

時は流れ、タテビッグ(カップヌードルタイプ)も一般化した昨今、
はたしてどんぶりタイプの存在意義とはなんぞや?
などとローソンストア100(´・ω・`)でこのどんぶりを
見たときに思いました…。  ←思うなよ

しかし、このどんぶり、昔のままではありませんでした。
見てください↓
DSC05125.jpg

みそ感UPです

そして…

DSC05126.jpg

みそ量3.0倍です



みそ感 そして みそ量

う~ん。
なんとグッとくる響きなのでしょう。
声に出して読みたい日本語ランキングでも
イイ線いくんじゃないでしょうか。

そして食した感想―

本当にみそ感アップしてるし。

くどくない絶妙なみそ感!
みそ量も増しているのにもかかわらず
このマイルド感はお見事です。

しっかりモチモチとした麺とのマッチングも
考え抜かれています。 恐ろしい…。

ということで

たべてみてください
やべぇです。


味もみておこう


  1. 2011/07/10(日) 23:57:54|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再三富士山

行ってきました~
今回も吉田ルートです。

昨日の夜11:30に東京発で
富士吉田口五合目に到着はAM2時頃でした。
富士スバルラインは相変わらす鹿だらけで
一瞬の気も抜けない運転でした(汗)

天気は良く、駐車場から天の川が見えました。
既に停まっている車もそこそこいました。

今回の目標は剣ヶ峰までいくこと―
3776mの三角点タッチです。

で、結果は成功。
でしたが、今回やたら体調が悪くて
好天なのに『体調がぁ~』とかいって下山する(´・ω・`)
某ソロアルピニストの気持ちがちょっと理解できました。

ずっと頭痛と寒気があったので
バファリンと葛根湯を飲んだんですが
おかげで超だるくって足に力が入りませんでした。

日の出は七合目で。
DSC05037.jpg

こちらは八合目から見た雲海~
DSC05078.jpg

こちらは山頂からの景色。
DSC05084.jpg

参考程度に経過時間を…

富士吉田口五合目スタート AM2:30
富士吉田口山頂到着 AM8:30 休憩1h
剣ヶ峰到着 AM10:30
富士吉田口の山頂 AM11:30
五合目到着 PM15:30

ということで
風も無い最高の天候に恵まれたのにもかかわらず
登り6時間・下り4時間です。。
まあ、いい天気だったのでのんびりしたいというのもありましたが…。

ただ、自分の体調管理の不行き届きは置いといて
いくつか感想というか言いたいことがあります。

・山開きしてんのに山頂の山小屋&トイレが開いてない
 山小屋なんざどうでもいいんですが、トイレは開けて欲しかった…
 トイレをガマンしながらの行動は気力体力を著しくすり減らします。
 あそこにトイレがあるからと、それを拠り所としてきた場合は殊更悲惨です。

・剣ヶ峰が遠い
 吉田ルートの山頂からだと火口の丁度対角線上にあります。
 あそこまで行って戻ってくることを考えると脳がキュッとなります。
 トイレがまんしてるし…。

向こう側にあるのが剣ヶ峰。標高3776mです。
DSC05097.jpg

・剣ヶ峰が急
 剣ヶ峰に至る馬の背という坂が急すぎです。
 これを登ってまた下りることを考えると脳がキュッとなります。
 トイレがまんしてるし…。

剣ヶ峰と「馬の背」
DSC05101.jpg
急すぎ…

馬の背を登りきりました。山頂の碑と奥にあるのが三角点。
DSC05111.jpg
混むときにはここで記念撮影渋滞ができるそうです。。

・下山用のブル道が使えない
 ロープで通せんぼしてありました。
 途中(富士山ホテルの下)から合流できるようになりましたが。
 九合目のあの狭くて急な岩主体の部分を
 登山者と下山者が入り混じってエライことになってました。
 これは軽く発狂してもおかしくないレベルです。
 トイレがまんしてんのに…。 
 ※六合目の安全管理センターのおっちゃんにもらった紙に
  「通行不可」と書いてありましたが…。


・観光客がウザイ(すいません)  
 五合目~六合目の間に出没する人たち。
 中○人グループにおもいっきり指差されて話題にされてるし(汗)
 本人に相対して指差すのはいかがなものかと…。
 あと、「これどこまで行くと登山道になるの?」と聞いてくるオバサマグループ。
 もうここは登山道ですよ。 
 てゆうか僕の疲労しきったズタボロ度合いを観察してなお声を掛けてくるんですね?

とまあ、色々ありましたが
諸々含めて富士山はおもしろいです。

行かれたことの無い方は是非一度
登ってみられることを強くオススメいたします。


DSC03209.jpg


  1. 2011/07/07(木) 10:28:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム