FC2ブログ

マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

X17  A7 ModeSkin

ドイツの技術は世界一ィィー!

ということで画期的なシステム手帳、X17です。

DSC04838.jpg

DSC04839.jpg

仕組みはトラベラーズノートを近代化した感じで
ノート型リフィルをゴムバンドでカバーに留める
というもの。

しかもリフィルを同時に3~4冊も装着できます。
結構ボリューミーですが不思議とすっきり感があります。

DSC04841.jpg
自立します…

ゴムバンドは、厳密には『ゴムに似た素材』とのことで
自動車部品のパッキンなどに用いられる素材だそうです。
確かに質感が一般のゴムとは別モノですねぇ。強靭です。

カバーも質実剛健という感じで
破れたり割れたりといったことが
通常使用において起こる気が全くしません。

僕がゲットしたのはモードスキンというカバーで
皮革繊維素材製とのこと。
新手のPP素材かと思ったら、再生皮革だそうで。

HPには“細かく砕いたレザーに接着剤を混ぜて圧延して
コーティングした”という説明がありましたが
まさにそんな手触りで、工業製品用という感じの硬さと
自然の革のしなやかさとのバランスが絶妙です(汗)

他にもカバーは5種類あってそれぞれ
異なる材質でかなり特徴的です。
そのまんまレザーとかモールスキンユーザーを
意識したもの(←公言してます)とかあって正直、選べません。 ←病気

さらにカラーバリエーションがあるので
正直、やめてほしいです。

さらにサイズが基本的にA5,A6,A7と3種類あるので
お店の売り場で右往左往すること必至です。。

結局僕もA7サイズのモードスキンの黒を
エイヤッ!で選んできました。 ←間違ってる… (´・ω・`)

リフィルの一つを開いた感じ~
DSC04842.jpg
トラベラーズノートと同じ留め方です。 因みに2.5㎜方眼~ ←測った
切り取り用のミシン目もあります。

リフィルを外すのも簡単です。
DSC04843.jpg

ゴム的素材の当たる部分用に上下に切り欠きがあります。
DSC04844.jpg
これに気付かずに雑に引っ張ってリフィルを外そうとすると
いや~な感じになるので気をつけてください。 

あと、ゴム的な素材に結構なテンションがかかっているので
リフィルを雑に戻そうとするといや~な感じになるので
気をつけてください。

因みにカバーの同じ軌道上にも切り欠きがあり
背表紙にも溝が切ってあるので
ゴム的な素材が簡単にはずれないようになってます。

ロディア11番との比較~
DSC04846.jpg

現時点で気付いたマイナス面は、リフィルの値段が
高いということと、紙がちょいと薄いのではないか
ということです。

とはいえこのX17君、トータルではなかなか見所ありそうです。
ペンとかもよさそうです。

DSC04294.jpg


  1. 2011/05/03(火) 00:17:36|
  2. 手帳・ノート・メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム