マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

5位ィィィ!

モナコで

ザウバーで

前後があのメンツで

5位は偉すぎる…。


正座してテレビ見てました。

可夢偉すごい~!

レース後のインタビューでも
出し切った感が無いのがすごい…!


DSC03269.jpg


  1. 2011/05/30(月) 01:12:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリスビー

今年はフリスビーがアツイ…!

ということで

日暮里のD.D.Jamさんまで出向いて買っちゃいました~



よせばいいのにフリースタイル用のデカイ奴… …やれんのか?
DSC04884.jpg
DISCRAFT社のSky-Stylerです。 


ついでにちっこいのも… こちらはWham-o社。 
DSC04883.jpg
ディスクゴルフのマーカー用のミニディスクですが飛びます。


まずは動画を見てイメージングに励みたいとおもいます (´・ω・`)



う~ん。すごいなぁ…(汗)


DSC03207.jpg




  1. 2011/05/24(火) 23:41:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爆弾みたいなやつ

ということで

ばくだんおにぎりです。
ミニストップにて捕獲に成功しました。

DSC04834.jpg
具はかつ丼…

ナナメ上からの図。
DSC04835.jpg
う~ん。絶妙なイビツさ…!
人の背中に投げつけたくなること請け合いです。

あと、高カロリー注意!


DSC02292.jpg


  1. 2011/05/19(木) 10:07:57|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴー バンチョリーナ ゴー

無性にB級グルメが食べたくなるそんな時―

スパゲッティーのパンチョへどうぞ


挑発的な看板に誘われます…
DSC04836.jpg
地下にはめくるめく世界が…

DSC04837.jpg
ナポリタンにチーズです。

因みに大中小で同じ値段です。
因みにおいしいです。
因みにモチモチです。

健康にいいものが特に入ってない感じが最高です(´・ω・`)

こいつにスパゲティ




  1. 2011/05/12(木) 10:23:11|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンウィークは高尾山

には行ってはいけません。


昨日行ってきたんですがそれはそれは凄かったです。
いやぁ~勉強になりました。

いつもどおり早朝スタートで
今回は6号路から登り始めました。

DSC04848.jpg
GW中は登り専用の一方通行になります。

6号路はいつも降りで使っているのですが
狭いし、人が多いと渋滞になるからしかたないですね。


ということで山頂到着です。
景色はこんな感じでガスがかかって富士山も見えませんでした。
DSC04854.jpg

8時頃に到着しましたが
いつもよりは人がやや多いかなぐらいでした。

今回は小仏城山まで行きます。

道はこんな感じのお散歩コースです。
DSC04856.jpg
すいてます。

しかしだんだん人数が増えてきて
小仏城山から高尾山方面に戻る道中では
かなりの人とすれちがいました。

休憩時にお湯をわかしてラーメンとご飯を食べて
いる間も続々登ってきます。
それを見てこれは帰り混雑するかなぁ、と思いましたが
高尾までの道は広めなのでそれほどでもありませんでした。


さて、問題はここからです。

高尾山からの下山ですが
6号路は今回上り専用なので行けません。
1号路は特に魅力を感じないのでパス。
すると必然的に稲荷山コースになります。

高尾山の中でも最も静かな稲荷山コース…

その道が見る影もありませんでした。
オーバーな表現ではなく、もうず~っと
登ってくる人が途切れません。

一般的に山では登り優先ですが
譲っていたら一向に進めないレベルです。

谷側が切れ落ちた狭いところでも
こっちに逃げ場がないのにガンガン登ってきます(汗)
まぁこっちは山側ですけど
あの何の危機感もない感じは結構衝撃でした(´・ω・`)

ちょっと広めの場所では
右に左に真ん中と登りの人たちが列をつくり
全く無秩序にグイグイ登ってきます。
サケの遡上みたいだった…

譲るとかそういう概念が1ベクレルも感じられません。

危ない箇所でこっちが譲っていると
今度はそれに焦れた人たちが
後からガンガン追い抜きをかけてきて
結局一番狭いところで強引にすれ違いをしたり…。

ルールとかマナーとかえらそうなことを
言える身分でもありませんが
ひどすぎる… というか素であぶないです。

小型犬をつれてる人も多かったし
バスケットボールを持って登ってる若者 ←なにすんの?
高いヒールを手に持ってストッキングで歩いている若者…
山ボーイ・山ガール風の人たち等等
格好も様々でしたねぇ(汗)

稲荷山コースの降りで
少なくとも2000人とはすれ違いましたね。

あの人数が下山するときのカオス状態を
想像するだけで、脳がキューっとなりました。

そして稲荷山コースの終盤
下界の物音が聞こえるようになりました。
なんかガヤガヤしてるなぁと思ったら
スゴイ光景が…!

ケーブルカー並んでる…
DSC04865.jpg
DSC04866.jpg
ホームの中までぎっしりと並んでました。

高尾山口駅までの蕎麦屋も道も
人でごったがえしてました。
毎年こんな感じなんですかねぇ(汗)
高尾山の持つ求心力に驚きました。。


ということでGWの高尾山―

人ごみが平気な人
無秩序ウェルカムのアナーキストにはオススメです。

DSC02325.jpg


  1. 2011/05/04(水) 14:07:59|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

X17  A7 ModeSkin

ドイツの技術は世界一ィィー!

ということで画期的なシステム手帳、X17です。

DSC04838.jpg

DSC04839.jpg

仕組みはトラベラーズノートを近代化した感じで
ノート型リフィルをゴムバンドでカバーに留める
というもの。

しかもリフィルを同時に3~4冊も装着できます。
結構ボリューミーですが不思議とすっきり感があります。

DSC04841.jpg
自立します…

ゴムバンドは、厳密には『ゴムに似た素材』とのことで
自動車部品のパッキンなどに用いられる素材だそうです。
確かに質感が一般のゴムとは別モノですねぇ。強靭です。

カバーも質実剛健という感じで
破れたり割れたりといったことが
通常使用において起こる気が全くしません。

僕がゲットしたのはモードスキンというカバーで
皮革繊維素材製とのこと。
新手のPP素材かと思ったら、再生皮革だそうで。

HPには“細かく砕いたレザーに接着剤を混ぜて圧延して
コーティングした”という説明がありましたが
まさにそんな手触りで、工業製品用という感じの硬さと
自然の革のしなやかさとのバランスが絶妙です(汗)

他にもカバーは5種類あってそれぞれ
異なる材質でかなり特徴的です。
そのまんまレザーとかモールスキンユーザーを
意識したもの(←公言してます)とかあって正直、選べません。 ←病気

さらにカラーバリエーションがあるので
正直、やめてほしいです。

さらにサイズが基本的にA5,A6,A7と3種類あるので
お店の売り場で右往左往すること必至です。。

結局僕もA7サイズのモードスキンの黒を
エイヤッ!で選んできました。 ←間違ってる… (´・ω・`)

リフィルの一つを開いた感じ~
DSC04842.jpg
トラベラーズノートと同じ留め方です。 因みに2.5㎜方眼~ ←測った
切り取り用のミシン目もあります。

リフィルを外すのも簡単です。
DSC04843.jpg

ゴム的素材の当たる部分用に上下に切り欠きがあります。
DSC04844.jpg
これに気付かずに雑に引っ張ってリフィルを外そうとすると
いや~な感じになるので気をつけてください。 

あと、ゴム的な素材に結構なテンションがかかっているので
リフィルを雑に戻そうとするといや~な感じになるので
気をつけてください。

因みにカバーの同じ軌道上にも切り欠きがあり
背表紙にも溝が切ってあるので
ゴム的な素材が簡単にはずれないようになってます。

ロディア11番との比較~
DSC04846.jpg

現時点で気付いたマイナス面は、リフィルの値段が
高いということと、紙がちょいと薄いのではないか
ということです。

とはいえこのX17君、トータルではなかなか見所ありそうです。
ペンとかもよさそうです。

DSC04294.jpg


  1. 2011/05/03(火) 00:17:36|
  2. 手帳・ノート・メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム