マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

瑞牆山

昨日いってきました~

午前1時に東京を出発し
中央道須玉IC→県道23→県道601→県道610
と進み、4時にみずがき山荘のちょい先
にある立派な駐車場に到着。
既に停まっていた車は4台。
さすがに平日は空いている模様。

因みに気温はこんな感じ~
DSC04141.jpg
-1℃!!
寒くなるとは予想してましたがここまでとは…。

駐車場で少し明るくまで休憩です。
そして6時ちょい過ぎに行動開始。
DSC04147.jpg
はじめはこんな感じで楽勝ムードの道を進みます。

途中で所々大きな岩が出てきますが
DSC04149.jpg
みんなこのように枝で支えています風になっています。
流行ってんのかなぁ。

進んでいくにつれて徐々に瑞牆山が
チラチラと見えてきます。
DSC04156.jpg

そしてAM7:17冨士見平に到着~。
分岐を左に進みます。右は金峰山方面です。
DSC04160.jpg

特徴的な山容が結構ハッキリと見えるようになります。
DSC04164.jpg
ここから一旦ぐんぐん下ります。
せっかく登ったのに感がありますが
この川を渉るためです。天鳥川です。
DSC04168.jpg
まだ日が差してないので寒々しいですね。
というかかなり寒かったです。

川を越えて少し進むとコレが見えてきます。

コレです。
DSC04170.jpg
でかく、そして丸い岩 桃太郎岩というそうです。
桃太郎のヤツが割ったのか… アイツめ…

そして…
DSC04171.jpg
この大岩も木の枝で支えられています(嘘)

大岩を越えたあたりから急登になります。
楽勝ムード終了です。
ロープが設置されている箇所もありましたが
使うほどではありません。

やがて背後に富士山が見えるようになりました。
DSC04177.jpg
なかなかの見えっぷり…。
山頂の展望への期待が高まります。

しんどい登りを続けていくと
大ヤスリ岩が出現!
DSC04180.jpg
屹立しています…。空が青いなぁ。

大ヤスリ岩を越えると
山を回り込む形で進むようになります。
山の裏側に行く感じです。

寒いと思ったらツララが。
DSC04186.jpg

そして視界が開けている所に。
DSC04189.jpg
山頂の気配ムンムンです。

そして…
やったー!AM9:49 瑞牆山山頂です。
DSC04200.jpg
標高2230.2m、日本百名山です。

では、おまちかねの展望です。
左方向(南西)から時計回りで~。

金峰山ド~ン!
DSC04195.jpg

富士山ド~ン!
DSC04194.jpg

南アルプスド~ン!
DSC04196.jpg

八ヶ岳ド~ン!
DSC04197.jpg

以上! ←興奮気味

山頂で20分ほどすごしましたが
どんどん登山者が登ってきたのでAM10:05に下山開始~。

急な岩場では通過待ちで結構時間がとられます。
さすが人気の山ですなぁ。
10人くらいの団体さんとかが普通に何組もいます。。
なかなか思うように下りられなくて
待っている間の笑顔が引きつり気味になったのは秘密です。


下っていく道中では
川を越えた先の登り返しが虚しかったですが
ここまで来たら後は楽なので余韻を楽しみつつ
下りました。

登山口まであと30分くらいの所にある林道に入り
絶景ポイントに。
こんな感じ~。
DSC04222.jpg
あんな所にまで登ったのか…
ここでお昼ご飯です。
1時間以上のんびりくつろぎましたがあまりにも寒く
震えるようになってきたので再び行動開始。

そしPM2:50 駐車場に到着~
DSC04224.jpg
車もそこそこ増えてますが
まだまだガラガラです。
いい日に登ったなぁ。

因みに、みずがき山荘の前まで降りなくても
ショートカットする道があるので
直接駐車場まで帰って来れます(行きも同じ)。

今回、行動中は気温がずっと0℃付近だったので
予想以上に寒く感じました。
寒さ対策は万全のつもりでしたが
ここ数日で一気に冷えたため
気持ちが追いつかない感じでしたねぇ。

そんで、寒いと思ったら今日風邪引いてます… ←ダメ人間

瑞牆山、暖かくなったらまた行こうと思います。

DSC02287.jpg

  1. 2010/10/28(木) 23:34:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

OUTDOOR RESEARCH GRAPHIC DRY SACK

アウトドアリサーチのドライサックに
カラフルなグラフィックが施されたモデルがあります。
DSC04132.jpg
新製品ではありませんが…。

たくさん種類がある中で、CHECKERSをゲットしてみました~
DSC04136.jpg

ドライサックなので防水です。
DSC04133.jpg

DSC04134.jpg
口の所をくるりと折り込んでストラップでとめるしくみです。


スタッフサックって地味な色使いのものが多いので
これは大正解のアプローチだと思います。 カッチョイイです。
DSC04135.jpg

バックパックからこうした色とりどりの
スタッフサックが出て来る図は
なかなか楽しいものがありますね。

お店で見たときには
異なるグラフィックのものが
8種類くらいありました。

う~ん。
こりゃあ何種類か買うかも知れません。←病気 
小さな所に遊び心があるのっていいですねぇ。

粋な諸兄におすすめです。

DSC03212.jpg


  1. 2010/10/26(火) 16:39:51|
  2. 山道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

patagonia capilene3 zip-neck

パタゴニアのキャプリーン―

言わずと知れたアウトドア用
ベースレイヤーの定番中の定番です。

そのキャプリーンが今年の秋冬から
モデルチェンジということで
これは入手せんといかん
ということで最も汎用性のある
キャプ3のそれもジップネックを
ゲットいたしました~。
DSC04127.jpg

首まわりを拡大~
DSC04131.jpg

う~ん。大分縫製が変わってますねぇ
あと素材もすべりがよくなってます。
さらに速乾性・通気性・耐久性・吸湿発散性・伸縮性
もアップって…(汗)
今年の春夏までのモデルが全否定されてるような
ちと切ない感がありますねぇ。 ←春夏モデル持ってる人発見

因みにコチラが今年の春夏モデルです。
DSC04129b.jpg
…今まで特に不満は感じませんでしたけど
こうして比べてみるとなんというか…


まあ、性能向上ならいいんですけどね。

ということで新型オススメです。
もちろん旧型でも困る事はないと思います。
今はかなり割り引かれて売られているし
最新モノにあまりこだわらないならいい選択かと。
夏まで売られていたものだしね。

あと、新型で注意点がひとつ。
僕が買ったのはキャプ3ですが
サイズが大きめなので、できれば試着して決めるか
いつもよりワンサイズ小さ目をオススメします。
因みに僕はパタゴニアはほとんどがMですが
(↑これまでに買ったキャプリーンは全てMサイズです)
今回はSにしました。

DSC04128.jpg
これでスリムフィットってどういうこっちゃ?
とかさりげなく思いましたけど。

めんどくさがらずにとりあえず試着ですね。
あんまりブカブカだと
せっかくの機能が活かせませんから。

DSC03168.jpg


  1. 2010/10/15(金) 01:42:45|
  2. patagonia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林可夢偉!

すごかった…
痺れました。

特にマシンにダメージを負ってからのあの走り…
F-1観て泣けてきたのは20年ぶりです…
(前回は1990年のポールリカールで
レイトンハウスのカペリが2位になった時) ←古っ!


本当にお疲れ様です。
最高でした。

可夢偉には是非ともトップチームにいって欲しいです。

DSC03192.jpg


  1. 2010/10/10(日) 22:54:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ拍手について

今日、ブログ拍手にコメント欄があることを知りました…。 ←駄目人間っぷりがすごい
だって管理画面からしか見られないんだもん…

DSC03218.jpg
なんという失態っ…!

かな~り昔の記事にコメントしてくださった皆様
気付きもしなかったという非礼をお許し下さい(汗)

しかも非公開設定でコメントして下さると
内容は読んでおりますが
お礼の返事を書くことができません…。
(もちろん、それがいいのだという方もおられると思いますが)

なので、もしよろしければ
今後「コイツに物申す!」と思われた際には
記事の右下にある『コメント』の部分をクリックして
頂きまして、そこからコメントして頂きますと
まるで気付かないなんていう恐ろしいことはおきませんので
どうぞよろしくお願い申し上げます。。

ということで、言い訳のオレメカです。



  1. 2010/10/07(木) 17:39:40|
  2. 動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OUTDOOR RESEARCH ODD JOB HAT

アウトドア用品メーカーのアウトドアリサーチ

僕のイメージでは、帽子などの小物系が得意で
ツボを押さえたモノを作る会社だなぁという認識です。

ということで
今年の秋冬モデルのオドジョブハットを買ってみました~
DSC04099.jpg
ポリエステル75%とウール25%のブレンド素材です。
4830円ナリ。

裏面。
DSC04100.jpg
着け心地を高め、湿気をコントロールするTransActionヘッドバンド内蔵。

隠しイヤホンポケットが付いた折りたたみのイヤーフラップはThermoliteポリエステル。
DSC04096.jpg
↓イヤーフラップを出した状態。
DSC04101.jpg

アゴ紐を後付けするためのループもあります。
DSC04098.jpg
強風の時には紐を付けたほうがいいでしょう。

つばの側面にはアウトドアリサーチのロゴ刺繍が。
DSC04094.jpg

↓こんな感じで目立たないのが好印象ですね。
DSC04093.jpg
目立たなすぎ…

そしてこれが最大の特徴かもしれませんが
つばの反対側にある伸縮性ループに栓抜きが装着されています~。
DSC04095.jpg
ORのロゴ入りです。

ということでこのハット
しっかりアウトドア用です。

街でも山でも使えて
遊び心があってカッチョイイ
それでいて渋めの色とデザイン―

そんな帽子を探している諸兄におすすめです。

DSC03246.jpg


  1. 2010/10/06(水) 22:11:57|
  2. 山道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム