マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

USAVICH ブチキレ展

早速いってきました~

場所は渋谷パルコパート1のB1、ロゴスギャラリーです。
DSC02985.jpg

巨大キレネンコ(おそらく等身大)がいます。
DSC02986a.jpg
う~ん、プーチンのほうがよかったなぁ。 (←プーチン好き)

ギャラリー展ということで、デザイン画や絵コンテなどが
展示されていて楽しめました。
あとグッズ販売も充実していて、先行販売モノも
結構ありました。

ということで
DSC02988.jpg
キレネンコとプーチンの手ぬぐいと

サウンドトラックCD プーチンバージョンをゲットしてまいりました。
DSC02989.jpg
個人的にはレジの所に飾ってあった
プーチンのマトリョーシカが一番欲しかったけど…。

ともかく、このブチキレ展
12/9までやっているのでウサビッチ好きなら
行くっかありません。

おれもそーする


  1. 2009/11/27(金) 12:46:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

uni  JETSTREAM color

DSC02980.jpg
uniのジェットストリーム カラーインクです。

発売から一ヶ月以上経ってようやく購入しました。

なぜならお店で見た時、
「なぁんだ、また軸の色ふやしたんだ?」
などど全く意に介さなかったからです。


すいません。 

まさかいろんな色のインクを出してくるとは…。
しかも0.5㎜で…(汗)

軸もよく見ると丸軸ではなく24面体になっているし
色も単なる白ではなくアイボリーホワイト。
遠くから見るとちょっと貧相で試供品みたいなデザインですが…
DSC02984.jpg
グリップ部分の滑り止めはゴムではなく
□←こんなマークがプリントされています。

なんだかかなりの気合が感じられます。。 ←意に介さなかったクセに
 
ラインナップは6色で、基本的には
パーソナルカラーとビジネスカラーという風に
わけられていますが
これは個人的にはどうでもいいです。
因みにパーソナルカラーはオレンジ・ピンク・水色。
ビジネスカラーは黒・赤・ブルーブラックです。

ということで最も使いそうなブルーブラックを
取り敢えずゲットしてみました。

普通のブルーとの比較~
DSC02982.jpg
なかなかいいんじゃあないでしょうか。

あと、ダイアリーカラーとかいって
限定で渋めのカラーが3色出ていたので、
こちらは迷わずゲットしました。 ←悲しい性
アッシュブラウン・アッシュパープル・アッシュグリーンです。
DSC02981.jpg
それぞれこんな色。 (順番間違えちゃった…)
DSC02983.jpg
う~ん、アッシュパープル微妙…。

まあ、なんにせよジェットストリームでインクの色が増えるのは
歓迎です。 ←えらそうに
ただ、お店には
『このシリーズのリフィルはありません。使いきりです』
とありました。 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
これが確かならちと残念です。

個人的にはこの勢いで多色ペン用のリフィルも開発して欲しい
ところですが。。

というか4&1に入れる緑の0.5㎜を出して下さい。
自分、まだ待ってます。。

DSC02321.jpg



  1. 2009/11/20(金) 21:50:54|
  2. 筆記具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(燕岳)

行ってきました~

深夜東京から中央道に乗り、長野自動車道を豊科ICで降りて
R147を北上→県道25から県道327に入り
中房温泉の駐車場で夜が明けるのを待ちました。
ここまでは約4時間で到着です。

本格冬装備&技術のない僕としては
今の時期が最後の北アルプスなので
ちょっと無理くり計画でしたが…
日帰りができるということで燕岳を選択しました。

感想はというと…
いや~、ひたすらしんどかったですわ(汗)

まず、中房温泉に行くまでの県道327! 
あれは深夜に走る道ではありません。
人里離れすぎで真っ暗だし
不安になる程クネクネ道でした。
猿とかいるし。

途中から外は完全雪景色になり
ますます心細くなった頃にやっと
中房温泉の登山者用駐車場に着きました。

登山道は北アルプス三大急登の一つと言われていて
どんなもんだろうと相当ヤル気になっていたのですが

いきなり雪道  (;´Д`)ヤメテ~
DSC02944.jpg
こんな感じ~

徐々にじゃなく、いきなり来る感じでした。
10~15㎝ほどでしたが、初めての山で
初雪道ということで初っ端から緊張MAX状態に。

結局上まで9割がた道に雪があり
丸太の段差とかが凍ってたりしたため
やたら慎重に登ったのでへとへとになりました。

実は軽アイゼンを持ってたんですが
付けずにまだいける~なんてやってたら
結局装着タイミングを逸して上まで行ってしまいました。

これが大失敗で、←当たり前
山頂まであと少しの燕山荘(標高2680m)
に着いた時にはすでに気力体力ガタ落ち状態に。
ここまでで5時間半もかかってしまいました。。

DSC02962.jpg
燕山荘の外にあるベンチから。 槍ヶ岳が見えます。

DSC02968.jpg
う~ん、かっちょいい…。これだけでも来た甲斐があります。

DSC02967.jpg
で、コチラが燕岳。標高は2763mです。

山荘から燕岳山頂までは30分とのことでしたが
雪だし山頂での休憩を入れて往復1時間半はかかりそうだし
しかも帰りはあの急な雪道…。
所々凍結している急斜面を気を張りながら延々降りるのは
かなりシンドイし、秋の山はすぐ日が沈むし
あの県道327が夜になって凍結したらやだし
猿とかいるし…

という見事な負のスパイラル連想で山頂アタックはあっさり
見送り、燕山荘でカレーとトン汁食べて下山しました~。ヾ(・・ )ォィォィ

下りではさすがに軽アイゼンつけないと立ち往生する
ポイントがいくつかあると感じていたので
山荘を出たら早速装着しました。

そしたら通常の3倍のスピードで動けました。。 ←シャア?
あの登りのしんどさはなんだったんだと
真剣に後悔しました。。

ただ下りは登りよりも足に衝撃が入るので
すぐに膝がズックズクになりました。
天気が良かったので所々雪が解けて
岩が露出し、そこを軽アイゼン付けてガリガリ
おりたので、通常の3倍のスピードで
膝関節が酷い事に。。 
いやぁ、一歩一歩が痛いのなんの(汗)
調子に乗って走ったりしたので完全に自爆ですけど。

北アルプス三大急登…下りはひたすら苦行でした。

何とか真っ暗になる前に駐車場まで戻り
敗北感でメタメタになった心と体を癒すべく
甲府南ICで一度高速を降りて
みたまの湯に寄ってから帰りました。

みたまの湯、週末や祝日の夜にいくと鬼混みで
酷い目にあいますが、平日の夜はウソのように
ガラガラで最高です。


今回、燕岳には行ったのですが
山頂には行けてないので

(燕岳)です。


でも、良く頑張ったよ、オレ
DSC02270.jpg

  1. 2009/11/14(土) 23:09:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム