マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

trangia made in sweden

今回はマイお弁当箱を紹介いたします。

trangia というスウェーデンのメーカーのものです。
アルミなので普通に使っていてもけっこう傷が付きます。
DSC01070.jpg


飾り気のない、無骨な佇まいが気に入ってます。
DSC01071.jpg

どんだけ無骨かというと、こんだけ無骨です。↓
DSC01073.jpg

素材の端部の仕上げが粗いですというか仕上げてません。。

気密性とかまるで無いので、横にしたりすると汁物がこぼれます。

けども気に入っているのでさほど気になりまへん。
悪癖を知ってしまえばもうそれは悪癖でなくなるってやつです。

それに、こいつにあんまり多くを望むのは酷ってもんです。

もともとお弁当箱じゃなくて飯ごうだもん。

直火OKっす!
↑そこにシビれるあこがれるわけですよ!
DSC01072.jpg


黒い柄は180度展開してコッヘルのように使えます。

いいすよ。古臭くて。


↓ポチっと一つおねがいいたします 
FC2 Blog Ranking


  1. 2007/08/24(金) 17:53:13|
  2. 食器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CAMELBAK の水筒

水筒といえばNALGENE。

なんて言っておきながらこのザマです
DSC01052.jpg

コチラCAMELBAKの水筒です。

CAMELBAKは以前からコダワリのハイドレーションシステムを
展開していて気になってはいたのですが、

少し前にボトルを出してきたのでたまらずゲットしてしまいました。
結構ガマンしていたんですが・・・(汗)

CAMELBAKのボトルの特徴は、なんと言っても
ストロー付きということでしょう。
DSC01058.jpg
なのでボトルを傾けなくてもクールに飲めます。 チューチューと。

あと飲み口。ここはシリコンで出来ています。

飲むときにはこのように立てて
DSC01053.jpg

持ち運ぶときは倒しておきます
DSC01054.jpg



飲むときに噛んで切り割りを広げる感じなので
保存時には逆さにしてもこぼれまへん。
DSC01055.jpg

こんな感じに開きます
DSC01056.jpg


アフターパーツとして、飲み口とストローの部分が
販売されています。なので劣化しても安心です。
 

う~ん、なかなかいいですねぇ・・・


新しくハイドレーションシステムが欲しいんだけど
NALGENEにするかCAMELBAKにするかで悩み中です


↓ポチっと一つおねがいいたします 
FC2 Blog Ranking

  1. 2007/08/24(金) 08:07:51|
  2. 水筒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FISKARSのハサミ

1649年フィンランドで創業された、350年もの歴史をもつ刃物ブランド。
それがFISKARSです。
DSC01060.jpg


今回はFISKARSお得意のハサミを紹介します
DSC01061.jpg



う~ん、いい!


以上。 ←ひさしぶり



いいっすよこれ。

FISKARSといえばなんといっても
オレンジのグリップとその特徴的な形状でしょう。
DSC01062.jpg


正直、はじめは
『またこんないちびった形にしてからに
こーいうのに限ってそれほどでもないんだよ
奇をてらえばいいってもんじゃないんだよ
もうそういう思いつきで商品を造る時代は終わったんだから
消費者はそこまで愚かではない!
断固反対!』

などど訳知り顔でおりました。


ところが、指を通してみたら・・・


ぬおおお~っ!?

な、何ちゅう感触!
しっくりきすぎ! 

まるで指とハサミが一体化したかのよう。 吸い付きます。
そばにある雑誌とかやたら切り刻みたい衝動が・・・!
DSC01063.jpg



うむむ、やるな、FISKARS


完敗です

いや~、知らないとは恐ろしい。
今まで店頭で見たときも敬遠してましたもん。



 ↓ポチっと一つおねがいいたします 
FC2 Blog Ranking




  1. 2007/08/23(木) 00:24:09|
  2. その他の文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NALGENE OUTDOOR PRODUCTS

DSC01044.jpg

水筒といえばNALGENE
これはもう定説です。

NALGENEのどこがいいかと言うと
それはまず使用しているプラスチックの質の高さでしょう。
一見してわかります。 

そして漏れないキャップの構造 ←ネジが“バカ”にならないし

-130℃~130℃という耐熱・耐冷温度の幅の広さ

シンプルなデザイン

色や種類の豊富さ

アフターパーツの充実度

等ですかね。
DSC01045.jpg

元々、研究用業務の規格品として作られたもの
から派生したアウトドア用の瓶ということで ←こういうのに弱い
信頼度はかなり高いです。

無論水筒以外の用途としても使えます。

当然ながら使用していくうちに美しかったプラスチックに
傷が付いていきますが、それもまた良しです。


ついつい買ってしまうので結構持ってます。

特にこの夏の時期は常時数個が
オンステージしております。 麦茶用に。
DSC01046.jpg

コイツは結構小さいサイズ(350mlくらいかな)ですが、
口だけが900mlや1400mlといったメジャーなサイズと同じ大型のものが付いています。



しかし-130℃って、どんな薬品入れたらそんな温度になるんでしょ。
素手で持てないじゃん・・・


 ↓ポチっと一つおねがいいたします 
FC2 Blog Ranking




  1. 2007/08/22(水) 00:39:00|
  2. 水筒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かまわぬのてぬぐい

この暑さの中、家ではいまだにエアコンをつけずにいます。

罰ゲームじゃなく、健康のためです。


それで家の中では岩盤浴レベルの汗をかくので
頭や首にてぬぐいを巻いてます。

てぬぐいといえばかまわぬ
結構もってます。
DSC01078.jpg


てぬぐいの良さは、使っていくうちに
風合いや色合いがかわっていくという
経年変化が楽しめることでしょう。

使い込んだてぬぐいの、独特の手ざわりと
淡く色落ちした様はホントいいもんです。

ぼろぼろになってもまさに「捨てがたい」っすね。

今日はかまわぬ代官山店で
湯上りてぬぐい(120×50cmのバスタオルサイズ)
    と
長尺てぬぐい(通常のものより20cm長い)
をゲットしてきました。
DSC01040.jpg

スタンダード以外を使うのは初めてなので楽しみです。


こちらの画像の下のてぬぐいは
数年前に無印で買うたもんです。
DSC01043.jpg

夏らしくセミの抜け殻置いてみたりして


ぼくも脱皮したいと思う今日この頃です。 
        

↓ポチっと一つおねがいいたします 
FC2 Blog Ranking

  1. 2007/08/12(日) 23:56:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム