マルカメ式ブログ

仕事・趣味などを通して出会ったイイモノたちの紹介等。 そんなに深くないです。

名刺ケース

無印に行ったら名刺ケースが安売りしてました。
『季節の品のお買い得』ってやつです。 ちょっと前から名刺ケースは安くなってたような・・・。

取り敢えず(失礼)買っておこうと手を伸ばしましたが・・・。 


危ない危ない、まんまと無印にやられるところでした。
                    

そうでした僕には名刺ケースが、それもB印YOSHIDAのイイやつがあるのでした。
イヤ無印の名刺ケースもイイやつですよ。
これです。
DSC00635.jpg
B印YOSHIDA CARD CASE


いわゆる“GRIPPER(グリッパー)”シリーズの復刻版らしいのですが
当時のことを知らないので詳しくは解りません(汗)
B印YOSHIDAのサイトには“その歴史は1981年に遡ります”とあります。
DSC00636.jpg

ナイロン製なんですが、P.V.C&ウレタン加工というのが施されていて独特の素材感です。
色もシブくて良いですね。縫製もしっかりしてます。
名刺を約50枚収納できます。

DSC00638.jpg
後面にはジッパー付きのポケットがあり、使い勝手がいいです。

人とは違ったこだわりの名刺ケースを探している方にはなかなかいいチョイスだと思います。 


それで、僕の使い方ですが、どんどん増えていポイントカード入れとして
使っています。(キッパリ!)
DSC00637.jpg


えっ? ・・・じゃあ無印の名刺ケース必要じゃん。 やられたー  自分に。

・・・ゴメン、無印。



FC2 Blog Ranking


  1. 2007/01/27(土) 22:06:57|
  2. その他の文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーガルパッドホルダー

伊東屋のリーガルパッドホルダーです。ビニール製です。(親子です)
DSC00667.jpg



伊東屋のビニール製リーガルパッドホルダーは2種類あります。
写真の比較的仕上げがツルツルものと、表面がもっとゴツゴツした仕上げになって
いるもので価格も若干違います。


で、どっちがイイかですが、僕は悩んだ挙句>ツルツルにしました。
結果良かったと思います。何でかというとツルツルだと下敷きにできるからです。
特に出だしが渋い外国製の油性ボールペンなんかにはこのリーガルパッドホルダー
を下に敷いて書くとデスクマットの上で書いているような感触で気持ちよくインクが出ます。


中身のリーガルパッドって罫線の間隔が9mm(jrリーガルパッドは7mm)
もあるので、ガシガシ書きなぐるのに最適です。
紙質も結構いいし万年筆でサラサラと書きやすいです。
Bニブの万年筆が欲しくなりますね。
DSC00669.jpg


DSC00673.jpg

横罫の色が水色なのもポイント高いです。目に優しい気がします。 錯覚ですが。

リーガルパッドには主に黄色と白色の二色ありますが、僕は断然白です。
字がくっきり目立ちます。黄色は結構色が強いのでもう少し薄かったらなあという感じです。
実用にはまったく問題ありません。僕的には蛍光灯と白熱灯の違いといった感じです。
 
※jrサイズですがハイタイドから緑色とか水色のリーガルパッド的なものも出ているけど
鬼高いのでスルーです。 とても書きなぐる用の紙じゃありません



いろんなメーカーからリーガルパッドは出ているけど、3冊パックとかで結構値がします。

一番お得なのはオフィス・デポの12冊パックでしょう。やたら安いです。

jrサイズが一冊あたり税込みで43.5円
レターサイズが一冊税込み87.3円ですよ!
もうオフィス・デポにはコレだけ供給してもらえれば僕は満足です。←褒め言葉になってない・・・


けど店頭で買うと重いです。
間違ってもjrと普通のレターサイズを同時にしかも白・黄セットで
買おうなんて思っちゃいけません。

僕はやりましたけどそれ以上どっかに買い物行く気持ちとか無くなりますよ。

心折られます。

  1. 2007/01/25(木) 17:22:09|
  2. 手帳・ノート・メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DURALEX PICARDIE (デュラレックス ピカルディ)

DSC00631.jpg

デュラレックス ピカルディ

このグラス、カフェで定番らしいですね。
僕はカフェなど行かないので実態は知りませんが
フレッシュネスバーガーで使われてますね。喫茶店でも見たことあります。 
DSC00632.jpg

このグラス、安くて丈夫、スタッキング可、食器洗浄器OK・電子レンジOK・熱湯OK
・フリーザーOK(-25℃)です。 
全面強化ガラスでできているので破損の時は、
小さなブロック状(自動車のガラスが割れた時と同じ)に砕けて鋭利な断片にならない
ので安全です。  うちではまだ割れたことがないのでどんな感じかは解りません。

側面はフランスの家の窓をイメージして作られたそうです。

結構存在感あるグラスなので、グラス以外の用途でも使えます。種類も豊富だし。
僕はでかいサイズの奴をペンスタンドとして使ったりしてます。
DSC00633.jpg


以前他のグラスと一緒に洗っているときにグラス同士が「カチャッ」とぶつかったことがあります。
そしたらなんと相手のグラスが割れました。

驚きと共に不思議な嬉しさがありましたね。 
良いモノであることが実感できて。

とにかく丈夫で、持つとズッシリとした質感があります。口当たりもいいし。
100円ショップでピカルディと激似のグラスが売ってるけど、手にとってみると違いがわかります。

表面の仕上げやガラスの透明度は、はっきり言ってそれほどでもないけれど
ガシガシ使う質実剛健なグラスとしてコストパフォーマンスはかなりイイと思います。



FC2 Blog Ranking



  1. 2007/01/25(木) 14:05:03|
  2. 食器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

zippo

ライターで有名なzippoですが、こんなものも作っています。
DSC00629.jpg

zippoのハンディーウォーマーです。 つまりカイロです。

オイル充填式カイロなので写真の白い注油カップでジッポーオイルを入れます。
注油カップ2杯分のオイル注入時で約24時間と長持ちします。なのでカップに
入れる量で持ち時間をあらかた設定できます。(1杯で12時間・半杯で6時間)

DSC00630.jpg

発熱する仕組みですが、自動車のマフラーにも排ガス浄化として用いられている
プラチナ触媒を使っています。写真の触媒部分にマッチかライターの炎を3~5秒
当てて熱すると気化したオイルが酸化反応を起こして熱を発します。

繰り返し使用でき、発熱時間も長く、廃棄物も出ない、と 言うことなしのカイロです。
本体を入れるフリースのケースと注油カップ、ジッポーオイルのセットで販売されて
います。また使い捨てカイロの約13倍の熱量を発生するそうです。すごいね。


問題は、注油する手間と炎であぶる手間&少々の危険です。
オイル入れすぎると燃えます

・・・が、この手間、万年筆にインクを充填する手間と似ていると思いませんか?
万年筆は燃えないけど

このアナログ感、僕は結構好きです。
(時間にゆとりがある時には)

このカタチと仕組みを見て、あの『ハクキンカイロ』を思い出した方もいることでしょう。 
どうやらOEMっぽいですね。
キャップの部分が孔雀か、ライターを彷彿させる●穴かの違いみたいです。 
それだけでずいぶんと印象変わりますね。

zippoの方はここで結構良い値で販売してます。 イイっすよこれ。



FC2 Blog Ranking


  1. 2007/01/25(木) 00:19:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

patagonia

アウトドアウェアメーカーのパタゴニア。
DSC00627.jpg


僕の普段着のほとんどがパタゴニアの服となっております。
その占有率?(パタゴニア率)はおそら80%くらいに達しているんじゃないでしょうか。
10年以上使用しているものも結構あります。

なんでこれほど好きなのかと考えてみると、やはり、
・機能
・デザイン
この二つが両立しているからだと思います。

もちろん僕の活動領域の中では、パタゴニアじゃないと駄目、
というような場面とか極限の状況は皆無なんですが、
「コレ着てるから安心」といった、信頼感を抱きつつ着用できる
ウェアというのはそうそう無いと思います。

着ていることが身体的にも精神的にもプラスに働くようになるし、
それが自分の行動のキャパを広げてくれたり、限界を
ちょっと引き上げてくれることもあるような気がする感じがしてます。←どっち?

最近はファッション的にも注目されているようですが、
パタゴニアの本質は、機能性を突き詰めているモノ造りにあると思います。 
フォーミュラーカーや戦闘機など、妥協無く機能を追求してゆくと、
そこには必ず『美』が宿るようになるのと同じように、パタゴニアのウェアや
ギアにも機能美や、一目でわかる人にはわかる、本物だけが持っている
空気感というか、飾りではない『姿勢』が見えます。

ゆえにファッションとしても注目されるのだと思います。

パタゴニアは、環境問題も含めたアプローチ、製品の品質、センスといった点で
トータル的に見ると他のブランドの1歩先を行っていると思います。
もちろん機能面価格面で上を行くブランドもありますよ。

個人的には、もはや無条件に近い絶対的な信頼感を持っているブランドです。
たまーに、うーん、これは?ということもありましたが・・・ほぼ失敗はないっすね。
それに必ず改良されるし…
でもそれが逆にショックだったことも…(微笑)

そうした点も含めて、
これからもちょくちょく持っているパタゴニアの製品を取り上げていきます。


昔、まだ今日のように直営店がなかった頃はよく目白店まで行っていました。
あの頃のスペシャル感が今となっては懐かしいですね。



FC2 Blog Ranking


  1. 2007/01/21(日) 23:18:27|
  2. patagonia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界どう?

文房具を買うならどこへ行きますか?

僕の場合、

・ロフト
・ハンズ
・無印
・伊東屋
・丸善
・世界堂

って感じですね。


この中で独特なのは世界堂

知っている方も多いかと思いますが、
ほとんどの商品がふつーに買って20%offで、
会員価格だと24%offです。
※会員になるには500円/年かかるけど、1年で2000円以上買えば元が取れます。

特に事務用品・画材が充実してますが、
高級筆記具コーナーにあるものも割引対象です。
ほぼアメ横プライスです。

初めて行った時、衝撃を受けました。 会計してる時も、
なんか悪いことしてるような感じがして落ち着きませんでした(´・ω・`)

ポストイットとかロディアとか、定価で買うとアホらしいもの
をゲットするのに最適ですね。


で、対象にならないものは何かというと、プリンターのインク。 
(20%offにはなってます)

うーん、これなんとかなりませんかね?
なにか「縛り」的なことがあるんでしょうか。


インクが24%offになったら、僕内の順位で
世界堂が1位になるんだけどなぁ。

モナリザ、びっくりしています(^^)
DSC00621.jpg



FC2 Blog Ranking

  1. 2007/01/21(日) 02:20:28|
  2. その他の文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またやっちまったー

そうです、親子です。
DSC00615.jpg

柳宗理のレードルSとMです。 Sを最近追加しました。
またまた絶妙なカタチしています。
DSC00619.jpg


これが例の柄のクビレです。 わかりにくいですね。 持つとすぐわかるんですけど・・・。
DSC00616.jpg


これの良さをどう説明したらよいでしょうか。
うーん。
そうだ!

これ使うと、味噌汁がうまくすくえます。
間違いなく。
(前にもこんなこと書いた気が・・・)



FC2 Blog Ranking

  1. 2007/01/20(土) 17:40:32|
  2. 柳宗理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクリュードライバー

100円ショップに行くと工具が売ってありますよね。
ドライバーとか。

でも僕としては、100円ショップ文具はいいけど工具はどうかと思うんですよ。
使い方とか強度とかを考えると結構怪我につながりやすいんじゃないかと。
ぶったたき用(壊れるの前提)として使うならいいんだけど、
本気使用はやはりブランド物の工具でしょう。 安心感がまるで違います。

じゃあどのブランドにするかですが、

ドライバー選ぶならPB一択っすね。

PB、いいですよ。 質感高いし、スナップオンとかと比べると安いし。
DSC00610.jpg


丸型のグリップと、滑りにくい材質もいいんだけれど、
一番の特徴はやっぱマイナスドライバーのブレード形状でしょう。
DSC00614.jpg

これ、ネジの溝になるべく並行に当たるようにブレードの先端が絞り込まれているですよ。
なので、掛けられるトルクがアップします。 カムアウトしにくくなります。

勿論この加工、0番や00番といった極小サイズのものにも施されています。

ちょっとした作業をするときも、道具がイイとそれだけで楽しいですよ。作業効率があがるしね。
是非おためしあれ。


※現在は写真の「スイスグリップ」といわれるシリーズが主力のようですが、
ひと昔前には「マルチクラフト」という、同じ形状でオレンジ色の半透明の樹脂グリップがありました。
使い込んでいくうちにグリップの表面がつるつるにになり、経年変化が楽しめてよかったのですが、
使っていくうちに(表面が変質して??)独特のニオイがするようになりました。
僕にとっては耐えられるニオイではなく、ちょっと前に写真の「スイスグリップ」に買い替えました。

今も売られている赤い透明樹脂グリップのものにも同様の傾向があるように思います。

★追記:確認したところ、グリップのニオイは仕様のようです。
     因みに本国のスイスでは、それ程匂わないとのこと。
     日本の高温多湿な気候がニオイを助長するようです。
     ニオイはしても製品にはなんら問題はないそうです。
    

FC2 Blog Ranking
  1. 2007/01/15(月) 14:50:13|
  2. 工具
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

カピバラさん

丁度イイつながりで。

DSC00608.jpg

うちのカピバラさんです(´・ω・`)

体長約30cmです。
やわらかいです。
理想の大きさ、理想の手触りです。

渋谷のロフトにいたのを一匹捕獲しました。

こんなにすべての要素が丁度いい
ぬいぐるみは初めてです。

FC2 Blog Ranking

  1. 2007/01/15(月) 13:34:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丁度エエやん

DSC00535.jpg

クレールフォンテーヌのノートの中でも、このサイズのノートが
丁度イイ感じだと思うんです。(何が?)

とにかくです。

特に製本ノートは厚さもあり雰囲気的にも好きです。
紙質も良く、紙の厚さはロディアの80g/㎡を超える90g/㎡(!)です。

コイツを裏うつりさせるためには 
あえてのマッキー使っての記入しか考えられません。

罫線・升目の紫色もフランスっぽくていいっすね。←ほめてる?

そして、この手に丁度収まるサイズといえばMOLESKINEでしょう。
DSC00536.jpg

モールスキンとこのクレールフォンテーヌのノート、ほとんど同サイズですね。
なんかいいですねこういう良い同士の調和というのは・・・。

…ん? モ ー ル ス キ ン …?



ギャー!1月始まりのモールスキンの手帳、
使うの忘れてたー!! (っていうか存在自体忘)

だめじゃん。


FC2 Blog Ranking



  1. 2007/01/05(金) 14:15:07|
  2. 手帳・ノート・メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たかおさん

高尾山に登ってきました。

朝4時台の山手線に気合で乗り、渋谷で京王井の頭線乗り換え
→明大前で京王高尾線に乗り換え、高尾山口駅で下車しました。

改札口を出る前に自販機でコモパン買いました。
スカスカでした。
…わかってはいたんですけどね。 いや、おいしいですよ。

6号路を登り、山頂でお湯を沸かし、スープを飲んで下山したんですが、
山頂からケーブルカー高尾山駅まで人が多いこと!
さすが年の初め、いろんな年齢層の人たちがケーブルカーで
上って来たようですね。

稲荷山コースが閉鎖されていたので、また6号路を戻り、昼前に清滝駅のところ
にまで降りて来たんですが、
まー人の多いこと!(2回目)
街中でもないのに人がうじゃうじゃいるのはなんか異様な光景でした。

でも山用の格好している人の方が圧倒的に少なかったので、ジロジロ見られました。

さて、今回、ベースレイヤーとしてパタゴニアのキャプリーン3を
着ていったのですが、いいペースで登ったので結構汗をかきました。

ちょっと実験的に、下りもそのまま汗だくの状態で上からR3ラディアントJKT、
ホワイトスモークJKTを着て降りてみました。←高尾山ではオーバースペック…。
そしたら、登山口に着く頃にはすっかりサラサラサラに乾いてましたよ。

いやーすごいっすね! そういう製品だとは前から知って着ていたけど、ここまで
極端にビショビショになったことは無かったので、どうかな?と試してみたんだけど、
ものの見事に体温で完全に乾燥しました。ソフトシェルも良かったようです。

なぜか僕が誇らしいです。←えっ?
すごい透湿性・速乾性ですね。

最後に高橋屋で山菜蕎麦を食べて帰りました。
うーん。いい半日の過ごし方だ!

今年は山いくぞー!

  1. 2007/01/04(木) 18:54:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

プロフィール

にく29 

Author:にく29 
・文具等、身近なモノ好き
・ちいさいモノ大好き
・東京都在住

アウトドア&フィッシング ナチュラム